iスキャミル 概要 レビュー

アプリレビュー

新作情報

運営者紹介

iスキャミル 概要 レビュー

2月17日から来月手書きのメモをデジタル化した「ショット・ノート」シリーズにおいて
簡単にスキャナで文書をコンピュータ化することができたiPadで、おなじみのキングジムが
ドッキング・スキャナ「iスキャミル」を売ると、発表しました。価格は、15,540円です。

製品は管理がないもののものの専用のためにアプリケーション「i-走査」においてスキャナを動かして
iPadのDockコネクタによって直接的なiPadでデータをとることができるスキャナを供給している種です。
読書局面は、名刺と写真のサイズからA4サイズの356mmを送り届けている文書幅216mmxを支持します。
最高300dpiの決心を読むことで調べられる文書と写真は、jpgイメージとして保存されます。
電力供給OFFのiPad装填ドックとして、スキャナの主本体部を使うことができます。

「自分で食物を料理する」ことを含むコンピュータ化されたデータを利用する必要は
紙文書にざっと目を通すと大声で言います。
そして、いろいろな方法によってコンピュータ化されることは上がります。
そのうえ、日本のiPadの出荷台数番号は2,300,000の合計より※2に及ぶことになっています。
そして、iPadの利用は教育界で大手企業と使用のiPad導入を含むいろいろな場面の中で散開します。
日本のiPadユーザーが増加して、キングジムで「そして、iPadでアナログの紙情報を1元管理するために
ニーズIはコンピュータ化されました」に対する注意に流行の将来を支払うことを予期されました。
copyright(C)アプリレビュー